稼ぐのも家事も主婦の仕事です

パートと主婦の両立は、誰でもしているからと言って、そんなに簡単なものではありません。男の人にはわからない苦労があると思って欲しいものです。

我が家の場合は男はまったく家事を手伝いませんので、家事をするのは私一人です。夫と息子がいますが、団地の月に1回の清掃の日も、私の変わりに行ってくれたことなど一度もありませんでした。別に女性が手伝うというきまりはありません。

ようするに、めんどうなことはすべて「お母さん」がするということで、ラクなのです。

なのにいまの世の中は、主婦も働かないと、子どもを大学まで行かせることもできないくらい、生きていくためにはお金がかかります。息子が中学生のときに塾代で家計が回らなくなって、思わずパートに出ました。

それは仕方のないことでした。家計が破綻するのを避けるためには、それしか方法がありませんでした。
もともとは専業主婦だったのに、いつの間にか「家計のこと、稼ぐこと」までも主婦の責任に加わっていました。

その状態は5年続きました。一時はカードのリボ払いなども膨らんで大変でした。夫のお給料では全然足りない時期が続いて、私名義での借り入れが増えてきました。さすがに自分名義の借金は嫌なので、必死に働きました。

その後もパート勤めは続けましたが家族はまったく手伝ってくれませんでした。家に帰るのは19時ですが、何も夕食が作れてない状態で「ごはんまだ?」な感じで息子は待っています。

結局、何かお惣菜を買ってなんとかしますが、毎日そんなことをしていては、お金もかかるし、私がパートをしている意味がなくなります。

5年以上働いて、とうとうパートをやめようと思いました。どう考えても、家事は私の仕事。だったら、稼ぐのは夫に任せたいと思いました。

幸い、最近になってようやく夫の稼ぎが増えたのと、息子の大学の学費のメドがついたので、また専業主婦とまではいかなくても、短時間働いてお小遣い程度に働いて、あとはのんびり暮らせたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です