祝いたい気持ちと、ふところが心配になることの板挟み

友人や親戚の結婚式が重なった(重なる)時に、お金が必要だと感じます。

本来であればお祝いの気持ちとして、挙式に招待して頂いた感謝を込めてご祝儀を渡します。
もちろん、お祝いの席なので気持ち良くお金を包みたいと思っています。

しかし、結婚式が複数回同月にあったり、毎月のように結婚式の案内が来ると、懐がかなり心配になります。

もちろん、年齢的に結婚式の時期がある程度固まるのは仕方ないですし、逆に自分が結婚した時も友人に負担を掛ける事になったので、お互い様だとも思っています。

過去に、同月に3回結婚式が固まった時は、本気で欠席しようかと悩みました。
友人の結婚式だった為、相場の3万円を1回の結婚式で包むとすると、3万円×3回=9万円の出費となってしまいます。
結果的には全て出席はしたのですが、本当にお金には困りました。

その月に関しての対処法ですが、主人には言いだしづらかったので、カードが使用出来る時はほぼ毎回クレジットカードで支払いをしました。
貯金を切り崩す事も考えましたが、1度貯金に手を出してしまうと、変な癖が付いてしまい、何でも無いときにも貯金をあてにするようになると思いました。
その為、貯金を切り崩す事は断ち切りました。

結果的に採用したのが、クレジットカードで支払いを先延ばしにするという選択でした。
もちろん、数ヶ月後の自分の首を絞めるだけですが、どうしても現金を使いたくない時には、カードで先延ばしにしています。

その他の対処法として、私はネットオークションで私物を販売しています。
理由は単純ですが、直ぐにお金が手に入るからです。
また、手放そうか悩んでいるアイテムがある場合は好都合です。
なぜなら、お金に悩んでいる時こそ手放せるチャンスだからです。
アイテムにもよると思いますが、それだけ手放すのを渋っているという事は他にも欲しがっている人がいる可能性もあります。

そしてネットオークションの良い所は、売れた時に費用が発生するので、売れなくてもふところにダメージが無い事です。(登録費用などが発生する事はありますが)

本来はどんな事があっても良いように、余裕を持ってお金を使えば良いのですが、私が困った場合は、
・クレジットカード
・ネットオークション
の2通りでその場を凌いでおります。

もう1つ、専業主婦でもお金が借入できる方法があります。
まだ、試してはいないんですが、専業主婦向けの借り入れ枠を用意している銀行ローンがあるみたいです。
完全に主人に内緒の状態で借りるなら、いくつかの点に注意しなくてはならないみたいですが、こっそり借りられるので、急な出費とか大金の出費などには本当に助かりそうです。
借入 専業主婦
冠婚葬祭ででる出費は、結婚式は前もってわかりますが、葬儀の場合は本当にすぐの出費になるので大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です